秘密の「英傑、加油!」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話魔、林英傑

【投げてる写真は顔がおっかないから、投げてない写真】

これは、そこそこ映りがいいと思ってる

いやいやー、ニャンコがらみのニュースが多すぎて、読むは読めるけれど訳しきれない。
そんなたくさんの記事からワタクシがセレクトしたのは、「ものすごーくどーーでもいい。なーんのタシにも情報にもならない」コレ。
ただし、「そそっかしいけど大胆で、ロマンティックで、かたくな」という林英傑の性質が如実に現れていて、ものすごーく可笑しい。
●電話魔林英傑、電話で奥さんのハートをゲット
【記事】電話攻勢 林英傑擄獲老婆芳心
林英傑的這輩子,電話常扮演關鍵角色,他靠勤打電話抓住了老婆林憶雯的心,也因為電話打太少而差點被她兵變,現在他等的是人生另一個關鍵電話,當電話來時,就代表他要到日本職棒打拚了。

林英傑與林憶雯的初見面很詭異,那是89年11月在花蓮舉辦關懷杯少棒賽時,年僅19歳的林英傑從台東到花蓮參與活動,「有一天晩上喝太多,隔天精神很差,教學活動結束就回去睡覺。」

錯過晩餐的他,稍晩與室友陽森去吃飯,碰到朋友翁在生,大夥一起去唱卡拉OK,「那間包廂擠了很多人,大半都是不認識的,當時我又喝醉了,只瞥見角落裡坐著一位年輕女孩,很漂亮的女生,我就主動上前搭訕。」帶著酒意的林英傑,壯膽自我介紹。

林憶雯回想當時的情景説:「只看到一個醉漢搖搖晃晃走過來,問我一堆問題,住在那裡,怎麼會來花蓮玩,又握著我的左手,在手背上寫下他的手機號碼,硬要我留下電話,我就在他的手心上,留下大哥大號碼。」

林英傑説:「當時已經醉得不省人事,頭又痛,根本忘了留號碼的經過。」後來才知道,對方隨即走進廁所,把手上的電話號碼洗掉了。

前一晩的事,林英傑記得不多,隔天早上起床,他看到手心上的號碼,仿佛又想起一些事,趕緊撥電話找人,當時林憶雯已坐在從花蓮回台北的火車上。

「電話一撥通,就從姓名開始問起。」因為前一晚林英傑只吵著要她留電話,連名字都忘了問。

「我們就從電話中開始認識,而且一聊就是3個小時,一直聊到她回到台北。」兩人的戀情就從這通電話開始,並且進入電話熱戀期。

當時在雷公隊打球的林英傑,每天起床第1件事,就是打電話給林憶雯,而且1天可以打10通以上,「我也不知道怎會有這麼多話好聊,毎天只想聽她的聲音,中午叫她起床去上班,等她到公司又打去,聊兩句也好。」林英傑就像中了邪,除了練球、比賽,最熱衷的就是打電話給她,經常熬夜打電話,「平均1個月電話費大概都要1.5萬元」。

交往期間,林英傑險些被女方媽媽控告誘拐。有一次林憶雯到高雄找林英傑,玩瘋了不想回家,還一路跟去花蓮,媽媽不知道女兒有男友,心裡很焦急,也不知道女兒是跟誰去玩,還考慮要報警尋人。

林英傑聽說林媽媽不高興,就忙著勸她回家,「記得當時曹錦輝從美國回來,還是我們送她去花蓮機場,盯著她搭機回台北,林媽媽才息怒。」(上)


林英傑の人生にとって「電話」というのは非常に重要な役割を果たしている。お内儀・林憶雯さんのハートもつかめば、電話の回数が少なくて兵役中にあやうくフラれそうになったり、今は「日本野球界入り」を知らせる電話を待っていたり……。
林英傑と奥方が最初に出会ったのは2000年11月で、花蓮でジュニア野球の大会が催され、そのキャンペーンで19歳の林英傑が花蓮に赴いた時だった。
「前の晩、飲み過ぎちゃって二日酔いでさぁ、コーチとしての活動が終わってから寝ちゃったんだ。そしたら夕飯を食べそこねちゃって。遅めの夕飯をとろうと思ってルームメートの陽森(現在は統一獅)と出かけたら翁再生と偶然会って、それでみんなでカラオケに行ったんだよ。その日のカラオケボックスにはいっぱい人が居て、ほとんどが知らない人だった。で、また僕酔っぱらっちゃってたんだけど、ひょっと見たら部屋の隅っこに若くてキレイな子が座ってたから、お酒もって自己紹介に行ったんだよ」
奥方は当時のことを振り返ってこう言う。
「一人の酔っぱらいがヘラヘラしながら近付いてきて、どこに住んでるんだとか、なんで花蓮に来てるんだとか質問ばっかりするの。私の左手を握って何をするのかと思ったら手の甲に酔っぱらいが自分の携帯電話の番号を書いて、私の電話番号を教えろって、もうしつこくて。しょーがないから携帯の電話番号を酔っぱらいの手に書いたの」

林英傑は言う。
「あの時すでに前後不覚に酔ってたし、頭も痛かったし、電話番号を渡したこともわすれちゃってた」
しかし、後で訊いたところによると、奥方はさっさとトイレにいって手に書かれた電話番号を洗い落としていたのだとか。
前の夜のことをほとんど覚えていないという林英傑だが、朝起きて自分の手に書いてある電話番号を見てはっと思い出したのだ。さっそく電話をしてみると、奥方はすでに台北へ戻る電車の中であった。
「電話が通じるやいなや、あなたのお名前なんてーの?って」
林英傑は昨晩、電話番号をよこせとせまったものの名前さえも訊くのを忘れていたのだ。
「僕らは電話を通して知り合ったんだ。あの時は三時間しゃべり続けちゃって、彼女は台北に着いちゃったんだ」
二人の恋は電話ではじまり、電話で恋愛に突入だ。
当時「雷公チーム」に所属していた林英傑が朝起きてまず最初にすることは、彼女への電話。一日に十回以上電話したという。
「僕もなんでそんなに話すことがあったのかよくわかんないんだよね。ただ、毎日彼女の声がききたくて、昼間は「朝だよ起きて」って電話して、会社に着いた頃をみはからってまたかけた。ひとことふたこと話したら気が済むんだ」
林英傑は練習と試合以外の時はずっと彼女に電話していたという。夜も遅くまで電話で話し、一ヶ月の電話代が一万五千元にもなったとか。
付き合っている時には、なんと林英傑「誘拐犯」として奥さんのお母さんに訴えられそうになったこともあるらしい。
彼女が林英傑を訪ねて高雄へ行ったおり、二人で遊び回ってしまいには花蓮まで行ってしまった。しかしボーイフレンドが居るだなんて知らず、誰と遊びに行ったのかも知らされてなかった奥さんのお母さんは、警察に連絡することも考えたという。
お母さんが怒っていると聞いた林英傑は「おうちに帰った方がいい」と彼女に勧め、
「たしかあの時アメリカから曹錦輝が帰って来てて、二人で彼女を花蓮の空港へ送っていって、台北行きの飛行機に乗せたんだ。それでやっとお母さんの怒りもおさまったってわけ」
うわはは、電話魔! これをまた隠しもせず、ぱーぱらぱーぱら今になっておくめもなく語るところが林英傑は楽しい。(上)とか書いてあるので、電話しなくてフラれそうになるとかいうくだりの(中)とか(下)とか続きがきっとあるのだろう。大変楽しみである。
それにしても、「やたらに電話してくる攻撃」「どこにでも現れて、追っかけ回す金太郎飴攻撃」「やたらにあっちこっち引き回す攻撃」というのは中華の男の子が女の子を口説く時の常套手段か? それともウチの誰かさんとニャンコが酷似しているだけなのか?


●関本高成トレーナーも楽天へ
「イケメン・トレーナー」こと蛇隊の関本高成トレーナーが、楽天二軍のメディカルトレーナーに。
新聞記事とかは無いのですが(^^ゞ ご本人から訊いたので間違いないハズ。
じゃぁ、蛇隊のトレーナーは? といえば「来年はメディカル・トレーナー不在」のままで行くのだとか(´・ω・`)
「はじめての日本滞在、はじめての仙台、きっとはじめての雪、そして文化の違い、なにごともはじめてだらけのニャンコを、どうか心身ともにサポートしてやってください」
とお願いしたところ
英傑のサポートなどは間接的にでも出来るだけしたいと思います。頑張ります。

と言ってもらえたので、ホッとしました^^
どうぞニャンコをよろしくお願いしますm(__)m



【マニア専用動画】アテネオリンピックで、キューバ相手に三振取りまくりの林英傑
私が林英傑に「おっ!」と思ったのは、このピッチングからでした。
関連記事

*Comment

 

今から何だか楽しみですね!英傑1月には日本入りらしいです。


コブラズも英傑の抜けた穴を埋めなければですね。

  • posted by コブラーズ 
  • URL 
  • 2006.01/05 23:23分 
  • [Edit]

 

大豊さんも奥様(美人!)を一目惚れ→一途な電話攻勢でゲットしたそうです。
中華男子はそういう傾向なんですか?
  • posted by hotaru 
  • URL 
  • 2006.01/05 23:23分 
  • [Edit]

 

コブラーズさん:
>英傑1月には日本入りらしいです。

おおっ、成田にお出迎えに行かねばっ!
同じ飛行機にわざわざ、台湾から乗ってみるって手もある?
ニャンコの抜けた穴は「外人選手で埋める」てーなことを、呉代總が言うてはりましたが、外人選手取りが世にも下手くそで有名な?蛇族だけに、唸ってしまいます。

hotaruさん:
>中華男子はそういう傾向なんですか?
香港、台湾で以前チョーサしたところによると、かなりその傾向が高いようです。
電話だけならまだしも、「どこにでも花束持って現れる、金太郎飴攻撃」もポピュラーなので大変困りものでございます。
女の子がまんざらでもないのなら良いのですが、切っても振り払っても現れる……1歩間違えるとカンペキにストーカーだったりします(^^ゞ
  • posted by 小僧 
  • URL 
  • 2006.01/05 23:24分 
  • [Edit]

 

なははは(笑)それはスゴイですね。
小僧さんは空港に花束もって現れるんですよね!あとフルキャスト宮城にも!
パリーグ本拠地にドトウの金太郎飴攻撃ですね。
  • posted by hotaru 
  • URL 
  • 2006.01/05 23:25分 
  • [Edit]

 

hotaruさん:
>小僧さんは空港に花束もって現れるんですよね!あとフルキャスト宮城にも!

花より団子っていうからなぁ。サトウキビジュースでも持って行こうかな。
……って、わしゃストーカーかいっ!(笑)

>パリーグ本拠地にドトウの金太郎飴攻撃ですね。
お忘れですか?
私は「球場に応援に赴くと、林英傑とチームが負ける」というジンクス背負いです。
怒濤の金太郎飴攻撃などしたら、楽天にご迷惑です……トホホ。
  • posted by 小僧 
  • URL 
  • 2006.01/05 23:25分 
  • [Edit]

 

こんにちは。
あ、最後のキューバとの試合の動画、ファイル名が"neko"だ。
結構定着してるんですね。
やっぱりこれって小僧さんの命名ですか?
  • posted by momi 
  • URL 
  • 2006.01/05 23:29分 
  • [Edit]

 

momiさん:
>結構定着してるんですね。

五階です。紳士服売り場です……。
いや、誤解。
単に私が手持ちのフィアルをアップロードしたのであり、ファイルをリネームしたのも私です。
だから、まったく定着していません。
おまけに、猫ゴリラ→猫→ニャンコ→ニャンコ先生とか勝手に変えていくものだから、ついてこれていない読者も多いかも(^^ゞ

  • posted by 小僧 
  • URL 
  • 2006.01/05 23:30分 
  • [Edit]

 

私は紳士服売り場より、七階の本屋が好きです。(特に意味なし)

えへへ、早とちり~。あー恥ずかし。

前に、台湾のかたが球場でにゃんこ様を見てneko~って言ってたって話がありましたよね。
それが頭にあったので、すっかりneko大流行かと思っちゃいました。
  • posted by momi 
  • URL 
  • 2006.01/05 23:30分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

INFO

小僧

  • このblogは台湾球界の林黛玉こと、奪三振王・林英傑が「猫總」としてどこぞのチームの監督になる夢を叶えるべくこっそりと熱烈応援し、おまけにそのまわりの人々に注目のうえ、林英傑が所属するチーム「興農牛」を密かに、且つ、大変ふがいなく応援するためのものです。
    -------------------
    【小僧の用いるあだ名】
    ニャンコ=林英傑投手
    猫ゴリラ=林英傑投手
    郭總=郭泰源元監督
    花王石鹸=李明進投手
    タイゾー=林恩宇投手
    ヒヨコ/ピーちゃん=林恩宇投手
    猿時/王子=田家安投手
    竹ちゃんマン=許竹見投手
    豆花=呉昭輝捕手
    苦瓜=許聖杰内野手
    水電工=謝佳賢選手
    阿賢=謝佳賢選手
    老師=蒔陽内野手
    アゴジラ=郭銘仁内野手
    哈林=丘昌榮外野手
    -------------------
    Author of this Blog:小僧




Twitter

カレンダー

近年の成績

林英傑(登録名:L.インチェ)
≪'06シーズン出場数:05≫

-------------------------------
1位
'07奪三振:003K(0位)
謝々打者們
'06奪三振:009K(0位)
謝々打者們
'05奪三振:174K(1位)
'04奪三振:203K(1位)
'01奪三振:115K(1位)

-------------------------------
四位アイコン
'07防禦率:1.800(0位)
'06防禦率:4.330(0位)
'05防禦率:2.330(4位)
'04防禦率:1.733(1位)
'01防禦率:2.732(?位)

-------------------------------
二位アイコン
'08勝敗:01勝05敗1S(2軍)
'07勝敗:00勝00敗(0位)
'06勝敗:00勝02敗(0位)
'05勝敗:12勝10敗(2位)
'04勝敗:14勝10敗(3位)
'01勝敗:13勝03敗(1位)
-------------------------------
※'02~'03は海軍にて兵役

秘密のプロフィール

ブログ内検索

最近の記事+コメント

タグ一覧

占い 

右サイドメニュー

=LINK=

=Blog list=

=記事Clip=

=Book Mark=

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。