秘密の「英傑、加油!」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠、早すぎるよ!

【台南のレストランで、子供をからかう吉朝師匠】

言葉は通じないけど、子供をからかう師匠


今日、野球の話はできない。
なぜなら、涙がぽろぽろぽろぽろこぼれてきて、私の目がよく見えないから。
桂米朝門下の桂吉朝師匠が亡くなった。
【記事】上方落語の桂吉朝氏死去

ついこの間、お弟子さんに師匠の身体の具合を訊いたら、「仕事にも復帰、元気にしてはりますよ」ということだったので安心していたのに。
 私の落語好きは桂枝雀さんがはじまりだ。色んな哀しいことが重なって、もう生きていてもしょうがないと台湾で絶望した私を救ってくれたのが、ナニを隠そう枝雀さんの落語だったのだ。
 その落語のためにナニカしたいとずっと思っていた。より多くの人に、日本だけじゃなくて、台湾の人にも是非、落語の楽しさを知って欲しいと思ったのだ。
そんな私の願いを聞き入れ、大変な想いと苦労をしつつも「台湾三都市での落語会」を成功させてくれた。そう、私の大きな夢を叶えてくれたのが、枝雀さんの次に大好きな吉朝師匠だった。

訃報をきいたとき、頭の中が真っ白になった。
言葉を失った。
一時間ほど自分でもナニをしていたのかよくわからなかった。そして、気付いたら涙がとまらなくなっていた。
枝雀さんといい、らもさんといい、吉朝師匠といい、どうして私の大好きな人々はみな、若くして逝ってしまうのだろう……。
ぐすんぐすんしていたら、ふと思い出した。
チベット仏教ではこういう時、泣いてはいけないのだと。バルドに入れなくなるから。
そうだ、祈ろう。
師匠の魂がきちんと旅立てるように。
関連記事

*Comment

 

吉朝師匠は小僧さんにとってファン以上の存在だったのですね。
いつか、一緒に落語会へ連れ立って行ける日を楽しみにしていたのに。
合掌。

  • posted by ミケ 
  • URL 
  • 2006.01/05 22:30分 
  • [Edit]

 

吉朝師匠は芸人さん特有の浮世離れしたところはあるものの、とても心の
柔らかい照れ屋サンでもありました。
私が困っていたり悲しんでいたりするととても困った風で、解決法を考えたり、励まそうとしてくれるのです。 (結果的には方向が「トンチンカン」なので、私に「だからー!」って突っ込まれていたわけですが(^^ゞ)
そんな吉朝さんのためにも、悲しむのはもうやめにしました。
(ごく)たまに「師匠、ありがとね」とか「すっごく嬉しかった!」なんて面と向かって伝えると、すごーーく照れくさそうに、そっけない風を装いつつ
「いやいやいや」
なんて言って。
そんな師匠を見るのがとっても好きだったから。
「いやー、よかったよ師匠。師匠と同じ時代を生きられて」
かなんか漱石ぶって言ってみたりして、師匠を思い切り照れくさがらせてやろうと決めました^^

ミケさん:
>いつか、一緒に落語会へ連れ立って行ける日を楽しみにしていたのに。

「地獄八景亡者戯」という演目は、好きですか?
行きましょう、一緒に。
「桂米朝・近日来演」の看板がかかるあの世の「小屋」での落語会へ、連れだって^^
とりあえず、サバ食べないとな(←そうじゃないだろ!)
  • posted by 小僧 
  • URL 
  • 2006.01/05 22:31分 
  • [Edit]

 

「地獄八景亡者戯」は米朝一門の持ち物ですね。
(ほかにもやる人いるのかな? すみません、不勉強で)
多分、生で聴いたことはないなあ。
演じる方も聴く方もけっこう消耗する話のような…

> 「桂米朝・近日来演」の看板がかかるあの世の「小屋」での落語会へ、連れだって^^

近日なのか!(おい)

噺家さんはよく「もうまもなく」とかいう言い方をしますね。^^;

  • posted by ミケ 
  • URL 
  • 2006.01/05 22:31分 
  • [Edit]

 

>「地獄八景亡者戯」は米朝一門の持ち物ですね。
>(ほかにもやる人いるのかな? すみません、不勉強で)

文枝一門の文珍さんも手がけてたかと。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00006K0JC/ref=pd_bxgy_text_1/249-9049406-9587559

>演じる方も聴く方もけっこう消耗する話のような…
演じる方は確かに消耗しますが、聴く方はどこからきいても筋がわからなくなることもなく、主人公が誰だとか考える必要もなく、最初から最後まで非常にばかばかしく大変タメにならない噺でござる。
でも、このネタばかりは「聴いて」もダメです。観ないと。
  • posted by 小僧 
  • URL 
  • 2006.01/05 22:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

INFO

小僧

  • このblogは台湾球界の林黛玉こと、奪三振王・林英傑が「猫總」としてどこぞのチームの監督になる夢を叶えるべくこっそりと熱烈応援し、おまけにそのまわりの人々に注目のうえ、林英傑が所属するチーム「興農牛」を密かに、且つ、大変ふがいなく応援するためのものです。
    -------------------
    【小僧の用いるあだ名】
    ニャンコ=林英傑投手
    猫ゴリラ=林英傑投手
    郭總=郭泰源元監督
    花王石鹸=李明進投手
    タイゾー=林恩宇投手
    ヒヨコ/ピーちゃん=林恩宇投手
    猿時/王子=田家安投手
    竹ちゃんマン=許竹見投手
    豆花=呉昭輝捕手
    苦瓜=許聖杰内野手
    水電工=謝佳賢選手
    阿賢=謝佳賢選手
    老師=蒔陽内野手
    アゴジラ=郭銘仁内野手
    哈林=丘昌榮外野手
    -------------------
    Author of this Blog:小僧




Twitter

カレンダー

近年の成績

林英傑(登録名:L.インチェ)
≪'06シーズン出場数:05≫

-------------------------------
1位
'07奪三振:003K(0位)
謝々打者們
'06奪三振:009K(0位)
謝々打者們
'05奪三振:174K(1位)
'04奪三振:203K(1位)
'01奪三振:115K(1位)

-------------------------------
四位アイコン
'07防禦率:1.800(0位)
'06防禦率:4.330(0位)
'05防禦率:2.330(4位)
'04防禦率:1.733(1位)
'01防禦率:2.732(?位)

-------------------------------
二位アイコン
'08勝敗:01勝05敗1S(2軍)
'07勝敗:00勝00敗(0位)
'06勝敗:00勝02敗(0位)
'05勝敗:12勝10敗(2位)
'04勝敗:14勝10敗(3位)
'01勝敗:13勝03敗(1位)
-------------------------------
※'02~'03は海軍にて兵役

秘密のプロフィール

ブログ内検索

最近の記事+コメント

タグ一覧

占い 

右サイドメニュー

=LINK=

=Blog list=

=記事Clip=

=Book Mark=

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。