秘密の「英傑、加油!」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三振王はみなサウスポー

【記録破りでベンチ大騒ぎ。郭總は、林英傑のお尻なでなで?】

kuozhong_oshiri



【記事】K王 都是左投

中華職棒新K王昨日誕生,從洋投威爾換成本土投手林英傑,巧合的是K王都是左投。為何左投K功了得 職棒教練認為,與國内左投較少也有關係,打擊視覺效果有差別,打者不易適應。

退伍重返職棒場的林英傑,表現真的令人刮目相看,各家教練對他的轉換更是讚不絶口,誠泰教頭郭泰源對他的K功威力佩服之至,以前帶過他的總教練生明也説:「林英傑改變很多,最大差別是控球變好了,可能當了父親,心態有轉變。」

誠泰打擊教練呂明賜説:「林英傑雖然不算是速球型投手,三振多的關鍵是指叉球投得好,進壘之前打者會以為是直球,等到揮擊時,球又往下掉,很容易造成三振結果。」

林英傑曾在台灣大聯盟拿過三振王,但在兩聯盟合併後,這個紀録不列入年鑑,昨日他以202K打破俊國洋投威爾在職棒五年締造的200K單季最多三振紀録,成為新K王,正式在中華職棒史上留名。

威爾是速球型左投,林英傑為控球型左投,K功都是一流,難道是國内職棒打者對左投沒轍嗎

徐生明説,左投進壘的角度,與右投相比較,對打者的視覺效果是有點不一樣,加上國内左投原本就不多,如果投得好,自然占優勢。


【三振王がみなサウスポーな理由】

 台灣に新たな奪三振王が誕生した。記録を破られた外人投手・ウィルと新三振王の林英傑はともにサウスポーだ。なぜ、左投手ばかりが三振を取れるのか? プロ野球のコーチに言わせると、国内にサウスポーが少ないことに関係があるという。打撃の際の視覚効果に右投げとは違いがあり、打者は簡単にはなじめないというのだ。

 兵役を終えてプロ野球界に戻ってきた林英傑の活躍は目を見張るものがある。誠泰の監督である郭泰源は
「林英傑の三振にとる威力はまったく恐れ入る」
オリンピックで彼を率いた徐生明は
「林英傑は変わった。大きな変化はコントロールがよくなったこと。パパになったことで気持ちに変化が現れたのかもしれない」
と各方面から絶賛の嵐である。

 誠泰のバッティングコーチ呂明賜は「林英傑は速球を投げる投手ではないけれど、三振に打ち取れるのはフォークボールのキレだと思う。塁に飛び込む前には直球に見えるから、打者が打とうとして待つと球はストンと落ちる。結果、三振になってしまうのだ」と言う。

 台灣大リーグにて三振王に輝いたことのある林英傑はだが、両リーグ合併後、以前の記録は認められないことになっている。
昨日、10年前のウィル投手のシーズン奪200三振記録を202に塗り替え、新しい三振王として正式に台灣プロ野球界に名前を残すことになったのだ。

ウィルは速球を得意とするサウスポーで、林英傑はコントロールを得意とするサウスポーでともに三振王。どうやら、台灣国内の打者はサウスポーが苦手らしい。

徐生明によると「左投げ投手によるボールはベースに入って来る角度が、打者にとっては右投げ投手とは微妙に違う。国内にサウスポーの数があまり多くないので、上手く投げられれば自然とサウスポーには有利となる」と説明している。


オリンピックの時はみんなでNOBODY扱いしておいて、今になって「素晴らしい」とか「変わった」とかいうのれすね……。でも、小僧は声を大にして言います「あの時からもう素晴らしかったのです!


【記事】老將擒蛇鯨5連勝

有趣的是,昨晩雖是鯨隊獲勝,但賽後誠泰的林英傑反而成了焦點人物。
他以202K打破中華職棒單季最多奪三振紀録,雖然全場觀眾僅1394人,但有些是遠從外地專程趕來,準備看他破紀録的,球迷熱情也讓林英傑大為感動!

観客たったの1394人。それでもわざわざ嘉義まで記録破りを見に行った「標準林英傑迷」がいて、その情熱には林英傑も感動したと。だったら、「記録達成は監督とコーチのおかげです」って言い切らなくてもって思ったりする。

【記事抜粋】單季202次三振 林英傑新K王
林英傑把這三顆三振球都收回去編號收藏。

總教練郭泰源對林英傑的表現也很驚喜,「嚇死人了,能在一百場比賽以内突破200K紀録,真的很不容易。」

「去年十月退伍後加入誠泰隊秋訓,是最大的關鍵。」林英傑提到被操到全身痠痛的日子,還是心有餘悸。「毎天操體能,操到早上爬不起來,只有靠意志力要求自己爬離床舖,真的很慘。」

將近兩個月的魔鬼訓練,讓林英傑有充分體力迎接職棒春訓,「剛練投又碰到難題,太久沒投了,手痛得抬不起來,一直到球季開打才慢慢習慣。」

「心態不同是最大的突破,還有教練團的鼓勵及經驗傳授,我才有機會挑戰最多三振紀録。」林英傑説,「起初覺得這條路好遙遠,在170K的時候,就快撐不下了,但隨著一次次三振出現,再度燃起信心。」


 
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

INFO

小僧

  • このblogは台湾球界の林黛玉こと、奪三振王・林英傑が「猫總」としてどこぞのチームの監督になる夢を叶えるべくこっそりと熱烈応援し、おまけにそのまわりの人々に注目のうえ、林英傑が所属するチーム「興農牛」を密かに、且つ、大変ふがいなく応援するためのものです。
    -------------------
    【小僧の用いるあだ名】
    ニャンコ=林英傑投手
    猫ゴリラ=林英傑投手
    郭總=郭泰源元監督
    花王石鹸=李明進投手
    タイゾー=林恩宇投手
    ヒヨコ/ピーちゃん=林恩宇投手
    猿時/王子=田家安投手
    竹ちゃんマン=許竹見投手
    豆花=呉昭輝捕手
    苦瓜=許聖杰内野手
    水電工=謝佳賢選手
    阿賢=謝佳賢選手
    老師=蒔陽内野手
    アゴジラ=郭銘仁内野手
    哈林=丘昌榮外野手
    -------------------
    Author of this Blog:小僧




Twitter

カレンダー

近年の成績

林英傑(登録名:L.インチェ)
≪'06シーズン出場数:05≫

-------------------------------
1位
'07奪三振:003K(0位)
謝々打者們
'06奪三振:009K(0位)
謝々打者們
'05奪三振:174K(1位)
'04奪三振:203K(1位)
'01奪三振:115K(1位)

-------------------------------
四位アイコン
'07防禦率:1.800(0位)
'06防禦率:4.330(0位)
'05防禦率:2.330(4位)
'04防禦率:1.733(1位)
'01防禦率:2.732(?位)

-------------------------------
二位アイコン
'08勝敗:01勝05敗1S(2軍)
'07勝敗:00勝00敗(0位)
'06勝敗:00勝02敗(0位)
'05勝敗:12勝10敗(2位)
'04勝敗:14勝10敗(3位)
'01勝敗:13勝03敗(1位)
-------------------------------
※'02~'03は海軍にて兵役

秘密のプロフィール

ブログ内検索

最近の記事+コメント

タグ一覧

占い 

右サイドメニュー

=LINK=

=Blog list=

=記事Clip=

=Book Mark=

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。