秘密の「英傑、加油!」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空前絶後の大幅アップ

【このポーズにこの背景ってどうなの? 猫ゴリラ】

buil_back

【記事】林英傑加薪6位數 職棒第一人 從8萬一口氣跳到18萬 漲幅高達125%

去年拿下3項投手獎項的誠泰Cobras林英傑,今年月薪到底調升多少?誠泰Cobras領隊林致光與球團總經理趙士強,請他回去看清楚薪水條,加幅是百分之125,不是百分之百,不僅月薪由原來的8萬元加薪到18萬元,也讓林英傑再寫一項紀録─中華職棒首位加薪6位數的球員。

 不知道是林英傑迷糊,還是故意隱瞞確實的數字,但林致光和趙士強昨天肯定的說:「是分百分之125,不是百分之100。」從數字比較,雖然這2個加幅只相差了2萬元,卻讓林英傑多了一項史無前例的榮耀。

 中華職棒在林英傑去年退伍之前的14年,球員單季加薪額度最高是前中信鯨投手宋肇基,他在2002年共拿下防禦率、勝投與三振王3項投手獎,隔年經向球團力爭,月薪從11萬元加薪到20萬元,創下中華職棒史上加薪額度最多紀録,排名第2的是兄象隊「恰恰」彭政閔,他前年奪得「打點王」,去年月薪加了8萬元,由12萬元跳到20萬元。

 結果林英傑去年以「防禦率王」與改寫國内職棒單季最多三振紀録的「三振王」外加獲選最佳9人的「最佳投手」 ,一口氣加薪10萬元,成為國内職棒目前唯一加薪金額2位數的球員。

 據了解,誠泰球團在去年底寄出今年調整後的薪水條之前,確實打算只為他加幅百分之百,後來領隊林致光認為百分之百不能肯定他去年的表現,才追加到百分之125,整整為林英傑加薪10萬元。

 中華職棒歴年新人第2年加薪了不起3到5萬元,象隊近年棒子發燙的彭政閔與陳致遠、第2年月薪分僅也僅12萬元與16萬元,另獅隊前年加入的本土當家投手潘威倫,第2年月薪也僅由10萬元加至16萬8千元,從往年各球團對球員加薪金額的法則來看,林英傑這次加薪6位數,恐怕是空前絶後。

昨年、三つの賞に輝いた林英傑の今年のお給料は「二倍」という球団の発表を上回る18万元。

林英傑がうかっとしていたのか、わざと正確な値段を発表すまいとしたのかは定かでないが、球団の発表によると……」という感じで記事は始まっているのだけれど、そんなもの何の疑いもなく前者「うかっ」に決まっている。

猫ゴリラが兵役中の2003年、お給料アップ一位は鯨さんチームの宋肇基投手。彼は2002年の防御率王、最多勝、三振王の投手三冠王で、もともと11万元だった給料が二十万元にアップで、台湾プロ野球史上最高であった。次は象さんチームの「恰恰」こと彭政閔で、一昨年は打点王に輝き、昨年は12万元から8万元アップとなった。

防御率王、記録を破って成し遂げた三振王、ベストナイン投手賞を総なめにした林英傑は一気に十万元アップで、アップした額では今のところ第二位。

台湾野球界では二年目の新人は3万~5万元が一般的で、恰恰にしても陳致遠にしても二年目は12万元から16万元というものだった。一昨年、ライオンさんチームに入った潘威倫も二年目の給料は十万元から16万8000元である。
往年の選手のアップ金額からみても、今回の林英傑は六位で空前絶後の大幅アップである。
やれ二億だ、やれ五億だと日本野球界の契約更改ニュースを聞く私としては
「なんで黄金貴族の仲間入りじゃないの?!」
なのだけれど、一年で125パーセントアップというのは、台湾野球界では空前絶後なのだそうだ。(んーんーんー、だから日本球界でプレーさせたいっ!!)


【記事】林英傑月薪加到18萬 漲幅125%單次10萬新高

林致光説:「表現出來的成績那麼好,為什麼不加高薪呢?」於是就很「阿莎力」地將林英傑的薪水從原本加薪100%的16萬,再往上加2萬達到18萬,而林英傑去年月薪8萬,今年漲到18萬元,調幅高達125%、單次加薪10萬都是改寫紀録。

對於誠泰Cobras願意給他更高的身價,林英傑非常感謝球團的肯定,但他表示,還是會與公司針對薪資問題再溝通,畢竟拿好成績爭取待遇,在職業運動是很正常的事情。而林英傑月薪18萬元是Cobras投手群最高,全隊僅次於謝佳賢的22萬元,排名第2。

林致光球団代表によると「成績もこんなにいいんだから、給料がアップにならないわけがないだろう」ということで、8万元から18万元へ125パーセントアップの林英傑。
「認めてくれた球団には感謝してる」
といいつつも、好成績をひっさげて再度待遇改善の話し合いをするのは、プロの運動選手としてはごく当たり前のことだ。林英傑の月給18万元は誠泰COBRASの投手陣では最高。22万元の謝佳賢に次いで第二位だ。


【箱根神社に新しい龍神の社が出来てました】

ryujin
【エセ易者のひとりごと】
ただいま~。
近所の温泉に病人ごと漬け、数日ふらふらしてまいりました。
で、温泉だと思ったら「井戸水沸かしたやつ」だったりして、またしてもちょっと詐欺にあったような気分ではありましたが……ん、まぁ、天気も景色もよくってなによりでした。
やたらと龍神さまに遭遇したところをみると、きっと、護ってくださったのでせう。

関連記事

*Comment

 

おかえり~。
宋肇基って「台湾の甲子園」で初優勝した台北体育学院のエースやないの。
今はあまり調子よくないってフォーミュラが言っていたけど、どないなのん?
目つきの悪~~~い、眼力するど~~~い青年だった記憶があります。
確か愛称は「黒鶏」だったかな。
パパ外省人、ママ原住民という記憶が。
そうなると、やっぱり「原住民」枠に入れます?
金素梅さんもママ原住民で原住民枠から出馬されていますし。<そう来るか!
あ、金素梅さんは郭泰源夫人のマブダチだったようです(現在は不明)。
  • posted by みんぞう 
  • URL 
  • 2005.01/08 23:34分 
  • [Edit]

 

ぶーぶーぶー(←ブーイングの音) そんなぁ、鯨さんチームの選手のことを私に訊かれてもぉ(^^ゞ
なのだけど、特別に宋肇基のことはちょびっとだけ知ってるのです。
なぜかというと。
私が普段から「わからない、わからない」と言っているアノ、楊松弦選手らと一緒に鯨さんとこから「ポイ」されちゃった選手だから。
蛇族の間では
「他の二人はともかく、楊松弦はなぜなんだ!」
というリアクションがなされており、他の二人が「ともかく」な理由は成績と態度らしいので、↓このあたりをご覧くだされ。
http://www.cpbl.com.tw/Score/PlayerList_P.asp?Bno=W61
http://www.cpbl.com.tw/Magzine/Mag_content.asp?Pnum=245&Qnum=2
ま、結果としてフォーミュラの言うことは正しいんじゃないかと。

というわけで、「原住民枠か否か」よりもまず、「選手(もしくは練習生)に戻れるのか否か」が大きなポイントではないかと(^^ゞ
  • posted by 小僧 
  • URL 
  • 2005.01/08 23:35分 
  • [Edit]

 

あうう、高校時代は好投手の要素ありありだったのになぁ。
トルネードはそう簡単にはできねぇぞよ。
1978年生まれってぇとまだ二十代半ばそこそこじゃないの。
もったいなや。
そうそう、記事のおかげでパパが山東人だってことが解りました、ありがとう。
ま、成績と態度ってなるとなぁ...素質をもってしてもいかんともしがたいにゃん。
ダイヤの原石も磨かなければただの石ころだもん。
誰かなんとか言ってやってくれんのかい、おい。
それにしてもフォーミュラ情報は結構正確だなぁ。
どこで仕入れてくるんだろ。
やっぱり一人でテレビの前でおっさん座りし、プレーの見せ場では「お!」とか言って首を前に伸ばしたりて観戦している賜物なんだろうか。
  • posted by みんぞう 
  • URL 
  • 2005.01/08 23:35分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

INFO

小僧

  • このblogは台湾球界の林黛玉こと、奪三振王・林英傑が「猫總」としてどこぞのチームの監督になる夢を叶えるべくこっそりと熱烈応援し、おまけにそのまわりの人々に注目のうえ、林英傑が所属するチーム「興農牛」を密かに、且つ、大変ふがいなく応援するためのものです。
    -------------------
    【小僧の用いるあだ名】
    ニャンコ=林英傑投手
    猫ゴリラ=林英傑投手
    郭總=郭泰源元監督
    花王石鹸=李明進投手
    タイゾー=林恩宇投手
    ヒヨコ/ピーちゃん=林恩宇投手
    猿時/王子=田家安投手
    竹ちゃんマン=許竹見投手
    豆花=呉昭輝捕手
    苦瓜=許聖杰内野手
    水電工=謝佳賢選手
    阿賢=謝佳賢選手
    老師=蒔陽内野手
    アゴジラ=郭銘仁内野手
    哈林=丘昌榮外野手
    -------------------
    Author of this Blog:小僧




Twitter

カレンダー

近年の成績

林英傑(登録名:L.インチェ)
≪'06シーズン出場数:05≫

-------------------------------
1位
'07奪三振:003K(0位)
謝々打者們
'06奪三振:009K(0位)
謝々打者們
'05奪三振:174K(1位)
'04奪三振:203K(1位)
'01奪三振:115K(1位)

-------------------------------
四位アイコン
'07防禦率:1.800(0位)
'06防禦率:4.330(0位)
'05防禦率:2.330(4位)
'04防禦率:1.733(1位)
'01防禦率:2.732(?位)

-------------------------------
二位アイコン
'08勝敗:01勝05敗1S(2軍)
'07勝敗:00勝00敗(0位)
'06勝敗:00勝02敗(0位)
'05勝敗:12勝10敗(2位)
'04勝敗:14勝10敗(3位)
'01勝敗:13勝03敗(1位)
-------------------------------
※'02~'03は海軍にて兵役

秘密のプロフィール

ブログ内検索

最近の記事+コメント

タグ一覧

占い 

右サイドメニュー

=LINK=

=Blog list=

=記事Clip=

=Book Mark=

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。